検証スクリプト講座

検証の効率を上げる手法の一つとして、スクリプト化によるHDLシミュレーションの自動実行は欠かせません。
作業の効率化と誤りの低減を図るために、ぜひ基礎から自動化を学んでみてはいかがでしょうか。

講座名 検証スクリプト講座
~スクリプトによる検証の自動化~
講習期間 1日間(10:00-18:00)
受講料(税込) ¥53,900/人
講座概要 HDLシミュレーションの自動実行の必要性と、必要なスキルであるUNIX/Linux/Windowsのシェルスクリプトについて説明します。
本講座ではシェルスクリプトの文法自体ではなく、自動実行における適用に重きをおきます。今までシェルスクリプトを記述したことがない方でも理解できるように、簡単な記述例を用いて基本文法から説明します。
スクリプトは、UNIX/Linux環境ではシェルスクリプト、Windows環境ではコマンドプロンプト(DOSコマンド)を説明します。
本講座では、HDLシミュレーションでの検証において、複数のテストパターンを自動実行する検証スクリプトの作成を最終目標としています。
講義や演習は、Verilog HDLを用いて行います。
受講対象者 ・Verilog HDL/VHDLでの設計経験がある方。
・検証環境を構築される方。
※スクリプトは設計言語に依存しませんが、VHDLとVerilog HDLでは文法仕様が異なるため、説明が異なる箇所があります。
前提条件 ・Verilog HDL/VHDLである程度の回路記述とテストベンチが読める方。
・回路記述を検証するために、複数のテストパターンが必要なことが理解できる方。
※シェルスクリプト(UNIX/Linux)やコマンドプロンプト(Windows)の使用経験は不要です。
内容 ・検証環境の基本構成
・検証自動実行の必要性
・単体シミュレーション用スクリプト
・リグレッションスクリプト
・スクリプトに必要な要素
※内容は一部変更になる可能性があります。

講座テキストの目次はこちら
演習 【対面開催】
    ・LinuxのPCと、HDLシミュレータを用いて演習を行います。
    ・bash又はcshのどちらかのシェル言語を使い、シミュレーションを
     自動実行させるスクリプトファイルを記述します。

【オンライン開催】
    ・WindowsのPCと、Vivadoシミュレータベースを用いて演習を行います。
    ・Windowsのコマンドを用いて、シミュレーションを自動実行させる
     スクリプト(バッチファイル)を記述します。
     コマンドプロンプトからバッチファイルを実行して、シミュレーションを
     自動実行させます。
     (事前にご自身のPCにツールをインストールして頂きます)

【対面開催/オンライン開催共通】
    ・テストケースの切替えや、リグレッションテストのスクリプトを
     作成します。
日程 最新のスケジュールとお申込状況はこちらからご確認ください。
定員 12名(最少開催人数:4名)
場所 株式会社エッチ・ディー・ラボ または  オンライン開催
申し込み 受講申込規約をご確認いただき、こちらよりお申し込みください。
問い合わせ こちらからよりお問い合わせください。
XILINX
教育サービス
HDLABトレーニング(SystemC)
HDLABトレーニング(SystemVerilog)
HDLABトレーニング(Verilog HDL)
HDLABトレーニング(フレッシュマン向け)
HDLABトレーニング(専門分野)
HDLABトレーニング(組込み分野)
HDLABトレーニング(XILINX認定)
HDLABトレーニング日程表
HDLABトレーニング開催リクエスト
設計・コンサルティング
ARM CPUモデル環境
SystemC
Design Style Guide
e-Learning System「STIL」
設計・検証のワンポイント
購入・見積もり
ダウンロード
お問い合わせ

XAP