Zynq All Programmable SoC エンベデッドシステム開発(1日短縮版)

 ザイリンクス Zynq™ All Programmable SoC によって新しいレベルのシステム設計が可能になります。このコースは、FPGA の設計経験を持つエンジニアを対象とし、Vivado Design Suite を使用して効率的にエンベデッド システムを開発する方法について説明します。講義および演習の両方で、Zynq All Programmable SoC の特長/機能と概念、ツール、および設計テクニックについて解説します。演習ではエンベデッド システムを設計、拡張、修正するだけでなく、AXI ベースのペリフェラルの追加やBFM(バスファンクションモデル)シミュレーションも行います。

<このコースで学べること>

[ツール操作]
・Zynq開発ツールフローを理解する
[デバイスアーキテクチャ]
[ハードウェア設計]
・システム階層の設計手法を理解する
・PLへのハードウェアの追加方法を理解する
・Create and Package IPウィザードによるインタフェースの自動生成を理解する
・バスファンクションモデルによる検証方法を理解する
[ソフトウェア設計]
[設計手法]
[デバッグ手法]

コース名 Zynq All Programmable SoC エンベデッド システム開発(1日短縮版)
ソフトウェアツール Vivado Design Suite 2015.1
ハードウェアツール Zynq-7000 All Programmable SoC ZC702
トレーニング期間 1日間
受講料 お一人様 4 TC or 49,000円(税込 52,920円)
受講対象者 エンベデッド開発キットを使用し、ザイリンクス Zynq All Programmable SoCを活用するエンベデッド システムを設計するエンジニア
受講要件 ・FPGA の設計経験
・FPGA 設計導入 コースの受講、またはザイリンクス ISE® インプリメンテーション ツールについての同等の知識
・C プログラミングに関する基礎知識
・マイクロプロセッサに関する基礎知識
・HDL モデル作成の経験
コース内容 ・エンベデッドデザインの概要
・IP インテグレーターおよびPSコンフィグレーションウィザード
・エンベデッドシステムへのハードウェアの追加
・カスタム AXI ペリフェラルの設計
・Create and Package IP ウィザードを使用してカスタムAXI ペリフェラル作成
・バス ファンクション モデルのシミュレーション
・演習 3: IPのハードウェア デザインへの追加
・演習 4: エンベデッド システム用カスタム AXI IP の構築
・演習 7 : カスタム ペリフェラルの統合
お支払方法 1. 現金でのお支払い(hdLab社へお振込み)
2. XPA トレーニングクレジット(TC)でのお支払い
3. XPAトレーニングクレジット(TC)と現金でのお支払い

XPAとはトレーニング クレジットと、ザイリンクス開発ソフトウェア各種とのセット販売のことです。 XPA の詳細はXPA バンドル プログラム(ザイリンクス社)*1をご覧下さい。 トレーニング クレジットについてご不明な場合は ザイリンクス カスタマー トレーニングまで直接お問い合わせください。
*1 XPAバンドルプログラム⇒http://japan.xilinx.com/xpa/index.htm
XILINX
教育サービス
HDLABトレーニング(SystemC)
HDLABトレーニング(SystemVerilog)
HDLABトレーニング(Verilog HDL)
HDLABトレーニング(フレッシュマン向け)
HDLABトレーニング(専門分野)
HDLABトレーニング(組込み分野)
HDLABトレーニング(XILINX認定)
HDLABトレーニング日程表
HDLABトレーニング開催リクエスト
設計・コンサルティング
ARM CPUモデル環境
SystemC
Design Style Guide
e-Learning System「STIL」
設計・検証のワンポイント
購入・見積もり
ダウンロード
お問い合わせ

XAP